西川先生の治療日記&写真 ③~就活中、ニキビに悩む女子大生~

【Acne Studio来院までの治療経過】

大田ユキさん(仮名・女性・大学生)です。モニターにご協力いただき感謝いたします。

「去年の夏ころから、インターンを始めてからにニキビが増えました。近くの皮膚科でベピオ・ディフェリン・十味敗毒湯が出されたので使っていました。ピーリングも1回したことがあります。今は、就職活動中で、顔で採用が決まる仕事ではないですが、ニキビを治したいです。」

という、経過です。Acne Studioには、就職活動中や就職活動準備中の方で、ニキビに悩んでいらっしゃる方が、たくさん来院されています。

 


治療前


治療3ヶ月目

 

【Acne Studioでの診療】

まず、最初にニキビの肌の状態を検査するアクネスキンチェックを行いました。

・肌のバリア機能の低下
・角質の肥厚
という検査結果がでました。

・バリア機能を回復するモイスチャージ・ホルモン療法
・角質をキレイにするピーリング・アクネオ

の治療を提案しました。大田さんとモイスチャージ・ホルモン療法・ピーリング・アクネオで、治療を開始することになりました。

3ヶ月の経過で、ニキビの新生が抑えられ、赤みも改善傾向です。ニキビの新生がなければ、時間が経てば、赤みはだんだん改善していきます。

なるべく早く赤みを改善したい方は、フォトアクネの赤み改善モードがおすすめです。

 

私、西川は、大田さんの就職活動がうまくいくことを祈っています。

ニキビは就職活動にそれほど大きな影響を与えないかもしれません。しかし、ニキビが治るとそれに関する不安がなくなります。ニキビの不安をなくして、本来の力を就職活動で出せるよう最大限サポートしていきます。


治療前


治療3ヶ月目

 

治療写真一覧

① 皮膚科に通っていたけど、なかなか改善しなかった重症ニキビ~
② ホルモン療法単独では効果が出にくかった重症ニキビ~
③ 就活中、ニキビに悩む女子大生
④ 小学校の時からニキビに悩む女子大生