【ニキビの治療】ケミカルピーリング。効果・費用を皮膚科医がわかりやすく解説。サリチル酸マクロゴールがおすすめ

【美容皮膚科医監修】ニキビ治療のスタンダード・ケミカルピーリング!「サリチル酸マクロゴール」は「ニキビに効くピーリング剤」として有名です。その効果と費用を美容皮膚科医・西川嘉一が徹底解析!

ツルンときれいだった肌に、ある日突然ポツっとできるニキビ・・・。
1つあるだけでも、鏡で見るたびにいやな気持ちになりますよね。ニキビを治すなら早めが肝心!

でも、化粧水や洗顔をかえただけでは、なかなか治らず「このままニキビが増えていったらどうしよう!」「ひどくなってニキビ跡が残らないか心配・・・」と、不安に感じている方も多いのではないでしょうか?

クリニックでのニキビ治療の方法の中に「ケミカルピーリング」という方法があります。
耳慣れないかもしれませんが、サリチル酸マクロゴールという種類のケミカルピーリングがあります。

1.ケミカルピーリングってそもそもどんな治療なの?

ケミカルピーリングとは、薬剤を使用して肌の古い角質を効率よく取りのぞく治療です。

薬剤によっては、肌の表面だけでなく皮膚深層に効果をもたらすものもあります。
正常な肌は、毎日の洗顔やスキンケアで古い角質ははがれていき、なくなります。

ストレスでお肌の調子がわるくなると

肌表面に肌の表面に古い角質がたり、「肌がゴワゴワする」・「くすんで見える」・「毛穴が塞がる」という症状があらわれます。
ピーリングを行うことで、古い角質をキレイに落とし、肌の調子が良くなります。

2.なんでケミカルピーリングがニキビに効くの?

 

ニキビは、毛穴がふさがることで発生します。ケミカルピーリングを行うと、毛穴がふさがる状態を予防・改善できるため、ニキビ治療に効果があります。
古い角質がたまると毛穴が古い角質でフタをされてしまいます。
そうなった毛穴の中は、皮脂や汗が溜まり、やがて菌が繁殖し、赤く腫れたニキビになります。

ケミカルピーリングで毛穴が角質でふさがらないようなケアをすることが大切

ケミカルピーリングは、この効果をしっかりと肌にもたらしてくれるとても良いニキビ治療というわけです。

3.ニキビに効くケミカルピーリングの種類を知りたい!!

「ケミカルピーリング」とひとことで言っても、実は多くの種類があります。

現在、美容クリニックでよく使用されているピーリング剤はこの3種類です。

・サリチル酸
・グリコール酸
・トリクロロ酢酸

様々なピーリング剤がある中で、ニキビ治療に最適なピーリング剤は「サリチル酸マクロゴール」という種類のピーリングがおすすめです。(サリチル酸ピーリングは「サリチル酸エタノール」と「サリチル酸マクロゴール」の2種類があります。)

ニキビ治療にはサリチル酸マクロゴールピーリング!

他のピーリング剤によりも「サリチル酸マクロゴール」がニキビ治療にオススメなのには理由があります。

オススメな理由は、、、

サリチル酸マクロゴールがニキビ治療にオススメな理由その① <角質層を狙い撃ち>

ニキビを治すためには、角質が溜まらないようにすることが大切です。

肌の角質層よりも深い層まで浸透するピーリングでは、正常な皮膚に余計な刺激を与えてしまいます。
角質層よりも深い部分へのピーリング作用は、ニキビ事態には効果がなく、かえって肌への刺激が強すぎた結果赤みやひりひり感が出たりします。
サリチル酸マクロゴールは、肌表面の古い角質層だけを効率よく取り除いてくれるため、ニキビ肌に最適な治療です。

サリチル酸がニキビ治療にオススメな理由その② <ニキビの敏感な肌でも治療しやすい>

サリチル酸マクロゴールは、サリチル酸というピーリング剤をマクロゴールという基剤でといたものです。

サリチル酸マクロゴール
=サリチル酸(角質を溶かす成分)
+マクロゴール(角質を狙い撃ちする成分)

このマクロゴールという成分は、ピーリング剤を肌の深層部に浸透させるのを防ぐ効果があります。他のピーリング剤は肌深層部に浸透するとピリピリ感を感じるため、敏感肌の方や、ニキビの炎症が強く出ている方には使いにくいです。しかし、マクロゴールでといたサリチル酸ピーリングであれば、肌深部に浸透することがなく、肌表面の角質層のみをやさしく取り除けるため、敏感肌の方でも安心して治療できるのです。

4.いろいろなピーリング剤の特徴を抑えて自分にあったケミカルピーリングを選ぼう!

ニキビ治療にはサリチル酸マクロゴールがよいとお伝えしました。「じゃあ、サリチル酸マクロゴール以外のピーリングはダメなの?」と思う方もいるのではないでしょうか?ニキビ治療にはサリチル酸マクロゴールが最適ですが、もちろんその他のピーリング剤もそれぞれ良い点はあります。症状やお悩みに合わせてピーリング剤を選べるとよいでしょう。

各ピーリング剤の詳しい特徴はコチラです。

サリチル酸マクロゴールの特徴

サリチル酸マクロゴールは、「サリチル酸」成分をマクロゴールという成分で溶かして混ぜたものです。サリチル酸には「角質を柔らかくする力」や「不要な角質を溶かす力」があるため、ニキビのできにくい肌質へと改善していきます。

サリチル酸は「エタノール」というアルコールで溶かして混ぜているものもあります。しかし、「マクロゴール」を溶媒にしているもののほうが、肌への刺激が少ないです。サリチル酸マクロゴールは数あるピーリング剤の中で、痛みや赤みが最も少ないピーリング剤のひとつです。

サリチル酸マクロゴールは、刺激が最小限で効果の高い角質除去ができるピーリング剤です。

 

グリコール酸の特徴

グリコール酸は、「α-ヒドロキシ酸」のひとつで、フルーツから抽出されることが多いことから「フルーツ酸」とも呼ばれる成分です。分子が小さく、浸透性が高いことが特徴です。そのため角質層だけでなく真皮層まで酸の力が及び、古い角質の除去から真皮層のコラーゲン生成を目的とした「小ジワの治療」などにも活用されます。ただ、浸透力が高く、肌内部に酸の刺激を与える力が大きいため、赤味・痒み・痛みが伴うケースが多いのも特徴の1つです。

 

トリクロロ酢酸の特徴

トリクロロ酢酸という強酸の薬剤を使用する施術です。この薬剤は、肌の深部にまで作用するのが特徴です。トリクロロ酢酸が肌に付着すると軽い熱傷が起きます。この熱傷が治っていく力を利用して肌の再生を促します。かなり刺激が強いため、顔全体に使用するというよりは、部分的なニキビ治療に活用されるケースが多い施術方法です。

 

5.ピーリング治療の副作用とは?

ピーリング治療は、ニキビ治療に効果のある治療ですが、副作用もあるので、きちんと理解してから始めましょう。主な副作用をまとめました。

ピーリングの副作用① 〈乾燥〉

 

ピーリングをした後の肌をそのまま放っておくと、普段よりも強く乾燥します。それは角質層を取り除いたことにより起こる現象です。肌は乾燥を強く感じると、過剰に新しく角質を作ろうとしてしまいます。ピーリング後はしっかりと保湿を行うよう心がけましょう。

ピーリングの副作用② 〈ひりひりとした痛み・赤味の出現〉

 

ピーリング剤によっては、治療後ひりひりとしたり赤味が出やすいものがあります。サリチル酸マクロゴールなら比較的出にくいですが、グリコール酸・トリクロロ酢酸などのピーリングだと、よく見られる症状です。自分の肌の状態やタイプに応じてピーリング剤を選ぶ必要があります。ニキビ専門クリニックできちんと肌の診察をしてもらってからの治療であれば安心です。

 

6.サリチル酸マクロゴールピーリングの費用

平均的なサリチル酸マクロゴールの費用は、
8000円~15000円
とかなりの幅があります。

各クリニックでご確認ください。

7.まとめ

赤くポツポツしたニキビを治すのには、ケミカルピーリングで角質をたまりにくい状態にメンテナンスすることが大切です。その際は肌の表面にしっかり効果があり、他の皮膚層にダメージを与えにくいサリチル酸マクロゴールがおすすめです。サリチル酸マクロゴールは肌質・肌状態にもよりますが、2週間~1ヶ月に1回のペースで数回繰り返すと効果が見えてくるケースが多いです。気になる方はニキビ専門クリニックで相談し、治療の相談をしてみましょう。

 

8.ケミカルピーリングをもっと知りたい方へ

8-1.サリチル酸マクロゴールピーリングはクレータータイプのニキビ跡には効果がない。。。

サリチル酸マクロゴールピーリングは角質層にだけ効かせるピーリングです。
クレータータイプのニキビ跡は、角質よりも深い部分(真皮や皮下組織)の問題なので、サリチル酸マクロゴールピーリングでは役に立ちません。
TCAピーリングなどは一部のクレーターに有効ですが、ダウンタイムがサリチル酸マクロゴールピーリングよりも長いです。
TCAピーリングのダウンタイムが長いので、フラクショナルCO2レーザーやヒアルロン酸注入の方がおすすめです。

 

8-2.ケミカルピーリングをすることができないニキビは、潰れたニキビだけ

ケミカルピーリングはニキビに非常に有効ですが、重症すぎるニキビで受けることができるか不安ですよね。

基本的には、潰れているニキビ以外はケミカルピーリング(サリチル酸マクロゴール)を受けることができます。
潰れたニキビがかさぶたになり、それが回復してからケミカルピーリングを受けましょう。
受けられるかどうかわからないときは、美容皮膚科の医師に相談してみましょう。