4年間皮膚科に通っても改善しなかった重症ニキビがキレイに!!

  • BEFORE

  • AFTER

  • うわぁ~、すごい!!
    本当にキレイに治ったね!!

  • モニターの長谷川 大輝君(仮名)は16歳の男性です。
    中学生の頃からお顔全体のニキビに悩み、4年間皮膚科に通っても治らなかったそうです。

  • 4年も通って治らなかったら、つらいだろうな~。
    皮膚科ではどんな治療をしたの?

  • 漢方・ビタミン剤・抗生剤・塗り薬など試して、全く治らなかったそうです。
    塗り薬は痛みがあり効果は感じられず、続けられなかったそうです。

  • それで、どうしたらこんなにキレイに治ったの?

  • 私はまず最初に、長谷川君のニキビとお肌の状態を検査する
    「肌診断~アクネスキンチェック~」を行い診察をしました。

    その結果がコチラです。

肌診断結果

  • 肌のバリア機能の低下

    ★05
  • 角質の肥厚

    ★05
  • 皮脂の量

    ★05
  • アクネ菌の量

    ★02

医師からのコメント

  • アクネスキンチェックと診察の結果、長谷川君のニキビの原因は、このようなものでした。

    ・肌のバリア機能の低下
    ・角質の肥厚
    ・皮脂量過多

  • う~ん、それってどういうこと?

  • わかりやすく言うと

    ・ニキビのないお肌をキープする力が落ちている
    ・毛穴が角質で詰まっている
    ・皮脂が多く出過ぎる

    ということです。

  • 私は長谷川君のニキビに

    ・バリア機能を回復する【モイスチャージ】【アクネオ】
    ・角質をキレイにする【ピーリング】【アクネオ】
    ・皮脂量を減らす【イソトレチノイン療法】【アクネオ】

    の治療を提案しました。
    ※アクネオはバリア機能を回復する、角質をキレイにする、皮脂を整える以外の効果もあります。

    長谷川くんは、この治療を7ヶ月間継続しました。
    この他に、必要に応じて抗菌薬を服用してもらいました。

  • そうなんだ!
    4年も皮膚科に通って治らなかったニキビだけど、どのくらいで効果が出始めたの?

  • 最初はたくさんニキビがあって、炎症も強かったので、ピーリングの薬剤をとても優しく塗りながら治療をスタートさせました。
    また、イソトレチノイン療法は服用を開始すると、皮膚や粘膜が乾燥することが多いです。長谷川くんも唇の乾燥を感じたりしながらも頑張って治療を続けてくれたので、4ヶ月くらい経つと随分キレイになってきました。
    治療開始4ヶ月で、炎症性のニキビはあご以外なくなり、あとは赤みが気になるという状態になりました。

  • そっかぁ~。乾燥もつらいけど、こんなにキレイになるなら絶対やってよかったね!!

  • ニキビは良くなったので、今後はニキビ跡(肥厚性瘢痕)の治療を継続していきます。
    やはり、お肌の状態をしっかり調べて、一人ひとりのニキビの原因にあった治療を行うことがとても大切です。

モニター募集