妊娠・授乳中に出来て、治らなくなってしまったニキビを改善!

  • BEFORE

  • AFTER

  • たくさんあったニキビがなくなってる!!
    嬉しいね♪

  • モニターの鈴木絵美さん(仮名・女性)は36歳、会社員の方です。
    鈴木さんは、お子様が二人いらっしゃいます。
    妊娠・授乳中にニキビが出来てしまい、一人目のお子様の時は授乳が終わると改善されたそうです。
    しかし、今回二人目のお子様の時には、授乳が終わってから3ヶ月経過してもニキビが治らないとの事で治療を開始しました。

  • えーっ。妊娠中だとつわりがあったり、授乳中だと、まだ子供が小さいからすごく大変な時期でしょう?
    そんな時期にニキビがいっぱい出来たら落ち込むかも。。。

  • 本当に、そうですね。
    しかし、妊娠中にニキビが治る人も多いのですが、実はニキビが出来てしまう人も多いんです。
    大きな原因としてはホルモンバランスの変化があげられます。
    また、産後は子育てによる睡眠不足や、授乳によって体内の水分が不足する事で便秘に悩まされたり、食生活の乱れなども起こりやすいです。
    そして、充分なスキンケアの時間を取ることが難しいと仰る方も多くいらっしゃいます。

  • そっかぁ~。
    お肌に悪そうなことがいっぱい…
    でも、こんなに大変なのに一生懸命子育てしてるなんてすごい!
    絶対キレイにしてあげたいって思っちゃうね!

  • そこで私はまず最初に、鈴木さんのニキビとお肌の状態を検査する
    「肌診断~アクネスキンチェック~」を行い診察をしました。

    その結果がコチラです。

肌診断結果

  • 肌のバリア機能の低下

    ★04
  • 角質の肥厚

    ★04
  • 皮脂の量

    ★02
  • アクネ菌の量

    ★02

医師からのコメント

  • アクネスキンチェックと診察の結果、鈴木さんのニキビの原因は、このようなものでした。

    ・肌のバリア機能の低下
    ・角質の肥厚(ひこう)

    という結果が出ました。

  • 先生、この場合は何をすればいいの?

  • 私は、鈴木さんのニキビにこんな治療を提案しました。

    ・バリア機能を回復させる治療として
    【モイスチャージ】

    ・角質をキレイにする治療として
    【ピーリング】

    そして皮脂の抑制とアクネ菌の殺菌も少し必要があったため、
    ・皮脂を抑える治療として【アクネオ】

    ・アクネ菌を殺菌する治療として【フォトアクネ】

    ※アクネオは皮脂を抑える以外の効果もあります。

  • そっかぁ。
    その治療をどのくらい受けたの?

  • 鈴木さんは9回継続して治療を受けられました。
    2回目の来院の時に既に「ニキビが弱ってきているのが分かる!この調子でいって欲しい!」と喜んでいらっしゃいました。
    その後、徐々に新しいニキビが出来づらくなり、6回目位で新しいニキビは殆ど出来なくなっていました。

  • よかった~。
    ニキビがキレイに治ったら、子供とお出掛けするのとかも、ますます楽しみになっちゃうね♪

  • そうですね。
    ニキビが改善されて喜んでくれる姿をみて、私もとても嬉しかったです。

モニター募集